HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイス作業長

寝ても覚めてもかの人を想っていたあの頃は
まさか舞台で演じることなど
あり得ない!
いや、可能性ゼロではないにしろ
想像がつかないし、何より本人がそんな気配全くだしてないし

頭の中が現実で占められることが多くなったここ数年
溢れる情報をさら~っと眺め
後でゆっくり反芻しようと
気持ちの浅いところに置いとく
でも、置いといたはずのものが
いつに間のか消えてる

必要じゃないから?
もっと他に考えなければならないことが
あるから?
あるから………

日常のちょっとした休息に
思い出したり、アップされるニュースにへぇ~って感心したり
そんなアクセントに落ち着いてしまっていた

そんなところに『フルモンティ』
舞台ですよ!ミュージカルですよ!スッポンポンですよ♪
企業で言うなら、営業戦略
見事ですね
覇気がなくなった社員が、再度頑張ってみよう!
と思う動機付けです。

覇気がなくなった社員=ワタシ

救済されました。
これから
も刺激と癒しとトキメキを
頂きます(*´∀`)♪








スポンサーサイト

忘れてないよ。

山田くんがとうとう、30歳。
毎年毎年、感慨深く迎える彼の誕生日。

今日一日、『10月20日』の文字を見るたび、
特別な想いが胸に広がり
まだまだワタシにもときめきがあるようだ。。
と自覚したりして。

日常の忙しさに埋没しそうになりながら
それでも一人の役者をずっと目で追ってる。

今日のFBでのコメント。
山田くんでありながら、角が少し削れたような
まろやかな大人の彼を感じた。

月日は人を翻弄し、喜怒哀楽を容赦なくもたらし、
難しいと思っていたことが意外と簡単だと気付いたり、
簡単だと思っていたことが上手くいかないこともあり、

だから人生楽しいんじゃないか。
と、山田くんの声もする。

そうだね。

『精一杯』
自分を生きようと思うよ。

おめでとう。
これからも好きです。









お勉強

7月の職務検定に向けて、課題図書を注文。
いいぞ~ 早めの着手。
一昨年の試験で課題図書からの出題方法が、なんとなーくわかったので、
直接本に書き込めるよう中古を注文してやったぜ!
ここ2年くらい、なんも勉強せずにたらりんと過ごしてきたので、
カツを入れよう。

が、とりあえず本がくるまでたらりんと過ごす、2連休。
久々に『ホルモー』観たし。



ヨシピコ展

多分行かないだろうな~ と何となく思っていたヨシヒコ展@サンシャイン60.
行けちゃった。

『最近山活してる?』の質問をお仲間からされて、『ん~してない』
だから結構私的画期的。

今日のメインは実は二年半振りにCalif.から帰国のPさんとの再会女子会!(女子会って言ってみたかったフフ)
初対面のMちゃん含め総勢8人。
山田氏の過去のお宝映像を鑑賞しながら、心置きなく真面目に(!)トーク。
幹事のYちゃん、いつもありがとです!
そして山ほどこさえたマカロンポーチも皆さんのお手元へ。
すいません。もらっていただいて。

そんなこんなでみんなでヨシヒコ展へ繰り出したわけです。


また明日から日常が始まります。
山あり谷ありの山田生活もみんなのおかげで何とか続けれられてます。
長くファンをやっていると、みんないろんな想いがあるんだ。。ってこともわかり、
年齢を重ね、子どもが成長し、家族のことや、仕事のこと、
微妙な心境の変化や、漠然とした不安。
そんなものを秘めながら、今日は笑って、楽しんだ。
ガチガチの仕事頭がだいぶ緩んだ1日でした。
感謝です。
また会いましょう!!

記す

忘れられない出来事って沢山あるけど、毎日思い出してるかっていうとそんなことはなく。
思い出す間隔がだんだんながーくなっていって、風化しちゃうんだな。
多忙な日々とともに、折り重なるように積もっていった出来事。
そんな色あせそうなものを記しておかないと気がすまない感じになったよ。
あ、特に何があったわけでもないけど。
そもそもこのブログだって山田くんにときめいたり、振り回されたりした、その瞬間の心模様を記しておくために
始めたんだった。

今日一番記しておきたいのは、彼のTwitterでの言葉に対して感じたこと。
過去のことに触れた内容なのでここでは具体的には書かないけど、
毅然と答えた短い言葉に、泣けたんだよ。
その時は何で涙が出るのかわからなかった。
そんな風にさらりと言った一言に、彼のこれまでの苦しみがどーっと押し寄せてきたような気がした。
一瞬、時が止まったような気がした。
そして私は彼の演技をこれからも楽しみに生きていくんだ・・と、確信したみたい。

未来。
やっと、やっと、やーーーっと!
舞台をやってくれる!!
狂喜乱舞。

こんな風に山田孝之は私たちの夢を叶えてくれるエライ役者だ。誰がなんと言おうと。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。