HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。
2008年07月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星屑メールに

思わずダンスする

ご機嫌な母

を冷めた目で見つめる息子ス


多摩ちゃんⅡ。
確定。


噂の段階から、確定に至るまで、
気持ちのカタチが色々変化しています。
その期間が長ければ長いほど。

「確定メール」
で、ダンスを踊りたくなったカタチでした。


胸筋モリモリの
さらに肉厚な山田君。

Are you Japanese??

と思わず質問したくなる、
日本人離れな顔立ちのActor, T.Yamada

どんな多摩雄Ⅱになるんだろ。


想像してみたところで、
想像しているこの頭の上を
笑いながら、軽々と、飛び越していくんだろうな。。。


着地する瞬間だけは、
きっちり見ておこ。




スカパー!「クローズZEROⅡ」とその仲間たち
スポンサーサイト

チーム男子

過去にmの日記で「青春群像劇」について、
ちーっと触れましたが。。。

今日、ぴったりはまるコトバに出会いました。
「チーム男子」

最近の映画、ドラマ、ミュージカルのヒットのカギとなっているのが、
複数男子がひとつの目標に向かっていくストーリー。。
だそうです。


「WATER BOYS」
「クローズZERO」

これは当然ながら、山田君出演作として観たのがきっかけですが、
そのチーム男子感あふれる内容に、
とても惹かれます。

いずれも憧れと、萌え要素のミックス具合が、
ときめきとなり、胸を焦がすのですね絵



「ダ・ヴィンチ 8月号」 ときめくTEAM男子!の特集。
その中に上記の作品について触れています。

そして4人の「チーム男子ウォッチャー(女性)」の座談会の中で、

「クローズゼロの山田孝之は良かったですね。」
「ちっちゃいリーダー」

ちっちゃいリーダーがチャーム(魅力)で引っ張る
とあり、チームのコアな人はこのチャームがないと
成り立たないんだそうな。

思わずにやけます。
正に、カンクローでしょ?
そして多摩ちゃんでしょ?



例の試写会も門戸を閉ざされ、
連日の猛暑に、何だか多忙な毎日。

思いがけず、サラサラと流れる小さな清流を発見したような、
そんな”涼”な気分絵


ヤマダ的思考にはまる

日曜の朝、何気なく観たTV。

33歳の某有名俳優さんと徳光さんの対談。
既に29本の映画に出演されていて、
仕事は脚本を読んで面白そうだと思ったものを
引き受けているそう。

その俳優さんが、
「この仕事を続ける事の難しさを感じている。
続ける不安と、これからもやっていきたいという気持ちと。。」

それに対する徳光さんの言葉が、
「長く続けるには、仕事とも人とも一定の距離を保つこと」
「好きなものだけではなく、やりたくないものもやった方がいい」

選べるほどのものが自分の中に、備わっているかどうか、
考えてみて。。
というちょっと厳しいコメントとともに。

自分の気持ちの何かが刺激されて、
その話に引き込まれました。


好き、楽しい。。。はいずれ時の流れの中で変化していく。
続けていく方法は、その感情とは少し離れたところに
「仕事」をおくことなのか。。

そこに趣味と仕事の違いがあるのかな。
(恋愛と結婚の違いもそこかな?)


昨年の山田格言
「楽しめなくなったとき、初めて頑張る」

生涯役者としてやっていきたい。。
と決意したその日が、
この言葉の生まれた日だと思いました。

楽しいと思えなくなる時が、いつか来る。
でもこの役者という仕事は、
ずっとやっていきたいから、
その時は頑張る!

その頑張る時こそ、
「仕事とちょうど良い距離を置けた時」なのかもしれません。

本能的に「その時」を覚悟しているとしたら、
やはり、我らがヤマダは只者ではない!

と同時に(当時)23歳の覚悟を
何だかケナゲにも感じてしまうのです。


ヤマダ的思考は奥深く、
私の興味磁石の針は、
いつでも彼に向いてしまう。


この「好き」だけは
きっと変わらない



メールはただのメールじゃなくて。。。

今日のスイーツ(特にシリーズ化はしません

「綿雪氷(みぇんしぇんびん)」  オイチイ♪
今回二度目。

食感は。。。
子どもの頃食べた、
サラサラの雪。パウダースノー。

昔住んでいた北海道のそれです。

そろそろアクションの稽古も始まり、
暑い熱い撮影の日々になるであろう
あの方に、差し入れたい。

先日パルプさんに教えていただいた
やべさんのラジオ。

やべさんとは、どんなテンションで、
どんな話をするんだろう。

楽しみです。

。。。TBSラジオ?ちゃんと入るのかな。。。

要確認。

「質問も受け付けています」

てことなので、
Q.「綿雪氷、食べたことありますか?」


スルー必至のそんなQ.はさておき、
う~ん。。。
一番聞きたいこと、知りたいことって
何だろう。。。

また考えて、考えて、
結局前回の+actの時のように、
何のアクションも起こさずじまいになりそ。



ぼんやり周りをにじませながら、
地上を見下ろす、今夜の月。

ヤマダ君。
夜空の月を見上げたら、
また私たちのこと思い出して、

メール(ブログ)下さい月夜


行間(gyoukan)

活字っていいです。

一番想像力が働くし、ついでに妄想力も働きまくり。

お世話になっている抹茶さんちで、心優しいしゅのっちさんが
書き起こしてくださったANNレポ。
行間から山田君の匂いが漂ってきます。

とりあえず匂いは錯覚だってことは、わかってます。
でもその錯覚が楽しいひと時を生み出してくれるのですから。

何か、危ない人になってますか?


やべさんちによると、来月にはクローズゼロⅡのキャストの発表があるらしい。。。
ブログの内容からすると、随分と生みの苦しみを味わっておられるようです。

どうなんでしょうか。
あれ以上の多摩雄が、現れてくれるのでしょうか。

果たしてそのクオリティは?高品質マークがつくのか?
色落ち注意なのか?混ぜるな危険なのか?



未だ in the box の多摩雄が不敵な笑みを浮かべています。
実は俺は夏が嫌いだ。真夏のロケ、カンベン。


行間。。。といえば、

その間をたっぷり取った山田君のユニークブログも

そろそろ恋しい梅雨の空キラキラ2




抹茶さんのブログ (リンクさせていただき、ありがとうございます)


TBSラジオHP(パルプさんご紹介ありがとうございます)

ANN

こんな夜は 逢いたくて
逢いたくて 逢いたくて
君に逢いたくて 君に逢いたくて
また明日を待ってる
 (JAMより)


明日は声が聞けるかな。
姿を見られるかな。

いつも切ない夜です。
タカちゃん。。。


芝居がかっての登場が、その後の山田君のテンションを
一定に保ってたんじゃないでしょうか。。

根っからの役者さんだから、「旬君のANNに来た山田孝之」
を演じていたのかも。。。(ほら、収録だったし)

でも丸ごとヤマダを楽しめた感じです絵文字名を入力してください

私たちだけが知っている(と思いたい!)ブログに綴った話題も、
さらに山田君の口から聞けるのは、この上なくスペシャル感ありだし、
マニアックな話しだって、正直ワケわかんなくてもきっとニコニコして
聴いてた。

相変わらず、人の悩みには真剣に答えてあげてたり、
前回のタクシーの件といい、頑固なところをのぞかせたり、

「ねぇちゃんち」
この何気ない言葉に、幼きTahくんの日常を垣間見たり、

そして、お気に入りのイエモンさんの話も聞けて、
ブログ書いてる人とおんなじ人なんだ。。。
と妙に感慨深くなってしまったのでした。



昨夜のラジオのベストポジションは、
台所の流し台の上。

生活感たっぷり漂うその場所が、
2時間限定の至福のスペースでした。

椅子に座り、
流し台にもたれかかる
主婦の図。


山田君に逢いたくて

      また明日を
        待ってる

  


オ~ルナ~イトニ~ッポ~ン♪

ヤマダ電車に乗車♪

int01_pct_02.jpg


いつもこの梅雨時期になると、3年前を思い出します。

電車男公式HP


遅れてきた初恋のような恋心を抱き、せっせと映画館に通ったなぁ。。はーと


山田君魅惑のface

どのショットを見ても、少年の面影を残している。。
と常々感じていました。

でも、この度2度目のショーゲキを受けました。

シネスク、アクトでの神父山田君です。

目にした瞬間、すごい時の流れを感じたんです。
「大人」の顔に。
少し物悲しくなるくらいの。

最初のショーゲキは、昨年秋クローズゼロの製作発表をTVで見たとき。
今まで見たことのない、長い髪にワイルドテイストな雰囲気。
直後に個性派俳優と評されたそのいでたちに、
しばらくは瞬きも、呼吸も忘れてしまったほどです。


基本、秋&カンクロー的可愛い顔好き、電車&智史的ダメっぽい性格好き。。。
としては、その変化に戸惑いながら必死でついていく毎日となっております。

それが楽しみでありますから、山田君、気にせずにどうぞ先へ進んでください。
(気にしとらんて!)


3年前の6月10日。
ヤマダ電車に乗車した記念すべき日です。

なぜ「電車君」だったのか、自分のツボが未だ理解できておりませんが、
あの日何となく映画館に行った自分を、今では褒めてあげたいです!

それまで「仕事がシュミ」と顔を引きつらせて言っていた自分に、
カラーの毎日をありがとうキラキラハート


また次にやってくるであろうショーゲキも、受ける覚悟は出来てますGO

+act様 partII

必ず答えを出してくれる人です。
役者な山田君。

MWにおいて、必要不可欠だと思われるシチュエーションについて、
全く封印されてしまったのかと思っていたのですが、
インタビューでの、「そこは何となく見えるように、自分なりに演じる」
それを目にした時、胸が苦しくなるほど、この映画に対する期待値が、
ぐーーーーんとあがったのは、言うまでもありません。

いつも感じていた、本質を捉える力に長けている人。
これは、役者としての武器ではないでしょうか。

露骨な描写などなくても、きっと彼ならその状況を伝えてくれるはず。
そして、どんな風に演じるかを想像するだけで、私の気持ちは
落ち着きを失ってしまっています(+。+;)sowa sowa...



鴨川ホルモー ロングインタビュー

「好きにやって下さい」と言われた方が幸せに感じるのは、
基本をきちんとやってきた人だからこそですね。

経験を積んできた自信が、現場を楽しめる余裕を生み。。。
求められたものを100%で返すことだって、大変なことです。
そこを到達点とせず、山田風味を10上乗せして返す。
天性の勘もあると思いますが、努力の賜物です。


~山田には、まだ“見せていない”顔がいくつも残っている~

イメージを固定されたくない山田君にとっても、私たちファンにとっても
深くうなづける言葉であり、明日に繋がる言葉です。

+act様。
感謝です<(_ _)>



それにしても、また山田君を思い出してしまうアイテムが増えたな。。。


肉まん絵文字名を入力してください


+act様

「鴨川ホルモー」で見せた「面白さと、アホらしさ」が同居した新しい山田孝之

+act16HPより⇒ココ


未だかつて、こんな心くすぐる言の葉で飾られたことがあったでしょうか。。。


ディープで、ざわざわな連載に加えて、

「鴨川ホルモー」のインタビューと、
玉木さんとの「MW」撮影現場レポートも掲載です。



前回、120分の1ページが山田君のスペースでした。
それでも、もう充分胸がいっぱい、頭もいっぱい。。。でしたが、

今月号は、占率大幅UPですねっ。

+act様。
ありがとうございます。
次回も、どーーーかひとつ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。