HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。
2008年11月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daisy

昨日は泣きました。。。
252の初日舞台挨拶のチケが取れなかったからではなく(むしろ笑った。数分で完売の事実に)
たまたまCSで観た「Daisy」という韓国映画にです。

日本では、2006年3月に公開されたようです。
この頃はよく映画館に通っていたので、予告では幾度か観ていた記憶があります。

ロマンチックにどっぷり浸る恋愛ものと、容赦なく撃ちまくるアクションもの。
両方の醍醐味を味わえて、最後までその世界に心を持っていかれてしまいました。
舞台がアムステルダムということもあり、風景の美しさも女性好みだったのかもしれません。

一人の女性をめぐる三角関係という古典的な手法ではありますが、
それぞれの運命の絡み合いが、実に切ないのです。
三人それぞれの目線で語られていく面白さ、
効果的に使われるクラッシック音楽。(チャイコフスキーの四季/舟歌)
ラストで空高く掲げられたデイジーの鉢植え。

ヒロインの女優さんが清楚で可愛らしく、また声を失ってからの演技が絶品でした。

長い余韻に酔いしれてしまった 涙

Daisy
   監督:アンディー・ラウ 
  出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン イ・ソンジェ チョン・ホジン



Daisyの花言葉は、「心に秘めた愛」

山田君を応援する気持ちも「愛」
秘めて見守る気持ちと、想いを伝える行動が、どちらも過剰になっては愛が壊れそう。

愛の形は様々で、相手のシアワセを願う気持ちは変わらなくても
その表現は難しい。


明日から12月。
252まであと1週間を切りました。
舞台挨拶(来ますよね。。)、元気な姿で。。
いえ、いつも通りの姿で現れてくれるといいな。
それ以上もそれ以下も期待しませんし、望みません にこにこ






スポンサーサイト

sigh...

http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=2456

PVに玉鉄さんと山田君が?!
の情報に久々に心が浮き立ちました。

だ、だめだ。。。
いえ、いいんです。とっても素敵。
だから余計に、飢餓感がじわじわとやってきて、
部屋中ため息だらけです ヴぁー

声も聞きたい。
もっと色々な表情も見たい。
あ~ 短い。。。 し、小さい。。。

と、求めすぎてしまう悪いファンの見本となりました orz

でも、このPV出演に至るまでのプロセスがナイスです。
今までだったら、諸々の事情が邪魔をして
実現不可能だったかもしれないこと。
それが25歳の今、同じ方向を見ている仲間、
信頼できる人たちとの繋がりがあって、カタチになる。
そんな風に思えてしまいます。

音信不通となったブログの、もう随分と長いことトップにある文字。
今日の嬉しいニュースと「自由」の文字が重なった感じ。
山田君にはやっぱり羽があるんだわ Brilliant.

もうため息はつきません。。





「源治と多摩雄」

日本映画navi

同じ日に受けたかもしれぬインタビュー
同じ日に撮られたかもしれぬ現場レポ

でも、どの角度、どの表情、どの言葉も多摩雄は魅力的なので、
買っちゃうんですよね。同じようなモノを何冊も。。。

そして食い入るように見てしまうのです。
近頃は、山田君ドアップのグラビアが多い。
わかってますよね~
やはり彼は美しいのですキラキラ

喧嘩が強いだけではトップとは言えない。
リーダーと呼ぶにふさわしい人徳、カリスマ性を持った多摩雄が
源治に「真の強さ」について諭す場面、
山田君がどんな風に演じるのか、今からワクワク・クラクラです。


ぴあ

やべさんのおっしゃっていた企画・「フォト日記」「出演者を語る」
とは、このことですか? 「スペシャル連載」

近頃のクローズゼロと仲良しワードは「連載」だと思う。。。

始まる前から、至れり尽くせり。
そしてそれにまんまと乗せられて、グッバイ、マネー 泣

予想以上に前回がヒットしたというお話しなので、
注目度がかなりアップしているのが、よぉくわかります。

クロゼロのインタビューは、どの雑誌も源治キャラ、多摩雄キャラで登場ですね。
源治と多摩雄でCDデビューも夢じゃない?!

すいましぇん。ちょっと言ってみただけ。。。
99.9999・・・パーセントありませんから 汗とか


紅葉
かれこれ1ヶ月?
更新がなくなって。

「まぁまぁ、気長に待とうよ」
これは、姿を見せない彼に不安を抱く山田ファンによく使われる、
精神安定剤のようなコトバ。
「待ってる時間もデートのうちでしょ」 も同様の効果を持つ。




ハート4


StarDust

ANN

みぃつけたっ!
な感じのANNその1(小栗さん)とその2(ナイナイさん)←親切なLover様、ありがとうございます!腟究
&やべさんち。

本人が絶対話さないような、ましてやblogにも書かないであろう日常。
思わぬ方向から。。。
「へへっ、知っちゃったもんね~(喜)」な勝ち誇った感ペロッ


H

メイキングで小栗さんと談笑しているショットは、ほんとに微笑ましい。
吉祥寺での遭遇時、心のなかで意識する程度の二人だったのに、
こんなに信頼しあえる、こんなに刺激しあえる二人になったんだ。。。

それにしてもクローズの現場レポは、どの雑誌を見ても、
完璧な「芹沢多摩雄」がそこにいる。
迷いのない強い眼差しが、私のテンションを上げてくれます。


オーディション話

「スターダストプロモーションのや絵文字名を入力してくださいだたかゆきです。。。」(注:想像です)
まだ、将来の方向性もわからず、自分で決めることさえ許されず、
マネージャーに連れられて行った、オーディション会場。

そこにいた小柄な少年の瞳は、今にも消えてしまいそうな、
小さな星屑のようだったかもしれない。
でも心の奥では、どこか遠くの、ひときわ輝く星を見つめていたような気がします。

そんなちょっと痛々しげな、頼りなげな時代の山田君に
つい想いを馳せてしまいました。


「芝居をやるために生まれてきた」
山田君について小栗さんが度々語っているこの言葉。
そんな星のもとに生まれて来た山田君を
応援し続けることで私たちも輝ける。

時々、一瞬現れては姿を隠すほうき星みたいだから、
振り落とされないように、必死につかまっていきますっ! キラキラシャラン

まい たれんとぉ~?!

毎度お世話になっております、ダストwebがリニューアルしましたね。

再度山田君のサイトは登録し直しですよ~~ kao03

あ、もう既にお済で??

マイタレントっていう響きがくすぐったいです。
my Yamada.
そして「マイタレント管理」っていう言葉に激しく反応。
管理したい。。。

blogの更新もそろそろお願いね。
とか。。。

こんな些細なことで、こんなに遊べる自分は、可愛いと思います てへ


<今週の押さえドコ!>

13日発売の "H"  詳細はコチラ⇒ H 12月号
CUT の増刊号なのですね。どうりでたまにしか見かけないはずです。

そしていよいよクローズゼロの漫画の連載がスタートします。
同じく13日発売の "週刊少年チャンピオン"
間違いなく新たな購買層をゲットしそうです。
この手の漫画雑誌って、慣れないと探すのに苦労します。
表紙が賑やか過ぎて、雑誌名がわかりにくいのです。。。


ぐっと冷え込むようになりました。
銀杏のはっぱも秋色にお召し変え。

秋冬の山田君はどんなモードかしら。。。







愛は盲目

今日は職場で消防非難訓練
「252」の秋の火災予防運動のポスターも貼ってあります。
これが、山田君だったら。。。

期限が切れたら(いちおうね)間違いなくお持ち帰りします ハート

ジャパンプレミアでの山田君を見たり、聞いたりして感じました。
やっぱり、ファンのダイレクトな反応って嬉しいのではないかと。。。
ファンクラブもなく、普段触れ合う機会もほとんどないから、
直接ファンの勢いとか、愛とかを感じる場面は少ないですよね。
(こんなにたくさんのファンが応援してるのに kao06

クローズのブログ以降、きっと彼は自分の思いを吐き出し(表現して)
それに反応を示す対象がいることが、確実におもしろくなってきているのではないかい?
そしてそれが励みとなり、自分の存在価値に繋がる。

だからこそ、そんな声から遮断された、自分の世界に入り込んでしまった瞬間、
どうしようもない不安と孤独に包まれてしまうのかな。。。
と先日のブログの続きのような「頭の男」を読んで考えてしまいました。


そうだね。山田君の立っている場所がどんなところか
本当のところは誰にもわからない。


+act.
小栗さんのロングインタビューもとても引き込まれました。
その後で山田君の連載を読んだら、ダブルで軽くショック。
悩み多き若者よ。がんばれ 上

ここでがんばれ!と言っていても届かないので、
今回から、やっと+act.の感想文送ります。
現在のところ、下書き完成。。。って
いつもここまではやっていたじゃん 汗とか

でもやっぱりこの場でちょっと叫ばせてください。

プラスでもマイナスでも
SでもMでも
綺麗でも汚くても
笑ってても悩んでても
山田孝之、


だいすきだーーーーーっ!


(Love is blind...)





アキノソラ

昨日、お昼の12時から一挙に朔ちゃんしました。
TBSch.

本放送も、再放送も、BOXも、幾度もリピートしているけど、
一挙に、一日で観るのってなかなかできないでいたので、
色々な覚悟を決めて。。。まったく

とはいっても、根っこが生えたみたいにTVの前に座っていたのではなく、
途中、ご飯の支度やら、お布団と洗濯モノの取り込みやら、PCやら
やりながらです。

今までは、物語が進むにつれて、どんどん辛くなっていくのがわかっているので、
その後に支障をきたさない、前半のみで見るのをやめていたことが多かったです。

今回は、大人朔ちゃんが出てくるたびに、
「17年もかよ。。。」と密かに突っ込みをいれている自分がいたので、
そういえば、どうして17年も深い悲しみから解放されずにいたんだっけ?
人ってそんなに長い間、立ち直れないものなの?
という今更ながらの思いをこの機会に取っ払いたいという目的ができました。

大人アキさんの「ほんとに、普通の死別だったの?」
この台詞は私の疑問符を取ってくれるきっかけとなり、

「もう1年は生き延びたかもしれない。
 あと4年、5年生き延びれば、骨髄移植を受けられたかもしれない・・
 そんな未来もあったかもしれない。」

あぁ、そうだった。
何度も聞いていた台詞だった。

胸が張り裂けそうなその無念さ。
自分だったら、その無念さに押しつぶされそうだ。

亜紀パパの「もう、充分だ」
の言葉がこんなに響いたのは、初めてかもしれません。

私はこのドラマを今までちゃんと観ていたの?


大人朔ちゃんがやっと踏み出せた一歩。
亜紀の両親の元気な姿。
悲しく辛いだけのドラマじゃなかったんだな。。
と、何だかこの物語を乗り越えられたような、清清しい気分。
「一挙」に観る醍醐味だったのかも。。。

エンディングで再び朔と亜紀が手をつないで歩いていくシーン。
本当に丁寧に丁寧に、愛情を持って作られたドラマであることを
しみじみ感じました。

最近、ないでしょ。
途中までは面白いじゃん!と思って観ていても、
最終回に向けて、どんどんつまらなくなっていくドラマが
よくありますでしょ 



「世界の中心で愛をさけぶ」

あまりに瑞々しく、微笑ましく、純粋な痛々しさで息づいている
あの時代の朔と亜紀。

ナレーションも詩的で心に沁みます 手をつなぐ




11月の暦

MW
「11月4日正午特別映像解禁」

心の片隅にいつもありました。
決して忘れられない神父様キラキラ


さとしとはもうじきお別れ。。。
研修医さんに会うのはちょっと先。。。
多摩雄はチラチラ現れるけど、まだまだおあずけ状態。。。

そしてあれ以来、音信不通なブログ。。。

こんな風に、隙間風が吹き始めた頃に
トントンと肩を叩いてニッコリしてくれる感じが
ニクイです。

今日から本屋さんのレジに行く回数も増えます。

「しあわせ」はヤマダさんが運んでくる~ 膣

ということで、しあわせ定期便をうっかり逃さないようにしたいと思います。

11月1日 ⇒ CINEMA SQUARE  インタビュー 「252」「クローズゼロⅡ」

11月4日 ⇒ GyaO Magazine  「クローズゼロⅡ」 小栗さんとの対談

         MW 公式HPへ 正午になったらGO!

         「252生存者あり」のジャパンプレミア 最新版の彼はどんな??

11月5日 ⇒ +act. 「クローズゼロⅡ」 撮影現場レポート  連載

(雑誌のみならず、情報の解禁やら久々の登場やら。。。)


少し間があいて。。。
11月20日 ⇒  weekly ぴあ インタビュー
          日本映画NAVI インタビュー

  ↑
ココまで来ると、252の試写会も花盛りですね。
ひねくれて、ヤな奴と大評判の研修医さんに会えるのももうすぐ。


こんなふわふわな状態ですが、
今月は息子の大学の合否が判明しちゃいます。
「否」は困るけど、「合」の場合は、学費がごっそり出ちゃいます。

喜怒哀楽凝縮の11月でありま~す 苦笑い




*シネスク早速お買い上げのヲタ友ちゃんよりメールが来ました。(thanks!)
  めっちゃ買い!山田いっぱーい! と興奮の模様。
  よっしゃ 絵文字名を入力してください



今まで拍手コメントを下さった方々、お礼が遅くなり申し訳ありません。
どうもありがとうございます。これからはコメント欄にてお返事をさせていただきたいと思います。
拙いブログですが、これからもよろしくお願いいたします
 腟究


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。