HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。
2009年09月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+act.(本日発売!)

久しぶりに山田君の声が聞けてよかったな。

現在共演中の役者さんとの対談じゃないのが、
珍しくて興味深かったです。
同い年、気心の知れた相手でありながら、
行間からは各自のポリシーが感じられる箇所もあり。。
プライベートで役者仲間とおしゃべりしているような、
そんな山田君の「声」が聞けたような気がします。

二人のグラビアも、ページを追うごとにリラックスしていって、
上着を脱ぎ、最後はソファーに靴??(笑)

山田君の発した言葉の意味を理解しようと、
深く、深~く掘り下げるクセがついてしまっているので、
小出君の往なすような「はいはい」
にちょいと食いついてしまいました。
彼は、深刻さをさらりとかわす陽な感覚の持ち主なんですね。
このお二人から、おもしろ反応が出ました。私的に。

「13人」が山田君にとって、超えなくちゃいけない壁であることをはっきりと聞けて、
何だか安心したり、感心したり。
想像はしていましたが、撮影中はかなり気が張っていたことが、
よくわかりました。
そして、このタイミングで「つらい」と言葉にしたことによって、
自分の状況が客観視できたあたり、
「そうだよ。言葉に出してしまえば楽になることだってあるんだよ。」
と、しょっちゅう、疲れた、もーやだ、と
マイナスな言葉を吐き出している私は、思ったのでした。

この二人が連載を持っていることと、
「とても信頼できる俳優」であること。
これが今回の5周年の表紙、巻頭を飾ってもらった理由だそうです。

「信頼できる俳優」
信頼という言葉の中に、ぎゅっと詰まった諸々を想像しながら、
役者・山田孝之の現在までの軌跡(出演作リスト)をひとつひとつ辿った。


「攻め」の+act.さまに、またまた感謝です。。。






スポンサーサイト

IN 浅草

「大洗にも星はふるなり」

杉本=山田
どんどんヒドイことになっていくプロセスが、
完全にクセになりそうです。
なんでそんなになっちゃうワケ~
凄いスピードで壊れていく人を見た!
って感じでしょうか。。。

メインキャストがそれぞれに濃いので、
杉本=山田が、常に前に前に出ているわけでもないのに、
そこに存在しているだけで、画におさまっているだけで、
もぉ~可笑しくてたまらん。
あ、岳君のチョンマゲを超えたよ。山田君。

台詞の掛け合いを聞いていると、
こういうワン・シチュエーションドラマは
脚本と役者の演技力がほんとに大事だわ。。
とつくづく。
そして、
あぁ山田君、あなたって心底役者を楽しんでますね。
と思わずにはいられません。


「レッドカーペット」
山田君が来ないとわかっていても、
大洗を盛り上げたい気持ちあり、単なるミーハー心あり、
で、へばりついていました。
ムロさんに、大洗うちわにサインをいただいている間、
「白でも黒でもどーでもいいよっ!って言ってください!」
(サマータイムマシーンブルースより)
と思わず叫びそうになる。
その後の空気がなんとなく恐くて、やめましたけど 鐔¥州

舞台挨拶の司会は伊藤さとりさんでした。
山田君の話題、当然期待。
「真冬に白のランニング一枚で鍛えていた」
「この映画には芹沢多摩雄は一秒も出てきませんから」等々。。
もう、何を聞いても山田君の話題なら嬉しい私(達) ハート


ロビーにはメッセージボードが用意されていました。
山田君へのメッセージが、やはり目立ってました。

お昼ごろ、鎖の似合うあの飲み物のデモンストレーションに出くわし、
興味津々でごくり。。 これのおかげで夜まで元気を保てた?
一応宣伝しときます。
美味しくてパワーみなぎる、レッドブル!(ヒドイ苦笑い センスのないキャッチコピーだorz)



そんなこんなで、初対面のお仲間とも一緒に過ごさせていただき、
とにかく笑いっぱなしの、したまち日和でありました。





相思相愛

やまだくんと・・・
吉井さん結成20周年記念トリビュートアルバム

前回のビルマニアPVといい、今回の参加といい、
予想もしなかったこんなお仕事。
相思相愛って素晴らしい!


やまだくんと・・・
+act.さん+act.5周年記念号

強い願いは叶う。。を確信できたのは、+act.さまのおかげです。
山田孝之出演作解説リスト/周辺から明らかにされる”あの頃”
って、なんですか?コレ。気になって夜も眠れない。
もとはと言えば、F編集長が恋心を抱き(?)、
熱心にアプローチして下さったおかげです。


出会い=衝撃
だと思わずにいられません。
その瞬間、魂が揺さぶられるような。
探し物をやっと見つけられたような。。。

山田君を見ていると、それによって生まれ出るものの素晴らしさを
ダイレクトに感じます。
そして私はまた寿命が3センチ延びる。


ポエトリーリーディング。
山田君に永遠の片想いの私は更に妄想します。

山田孝之が+act.連載中の「頭の男」を朗読してくれる 揺れハート





嬉しい。

それは自分でもない、我が子でもない、ましてやダンナでもない、

なのになんでこんなに嬉しいの?
「誉められた」こと。

クロゼロの時にはYべさんブログ。(&Tじもんさん)
十三人ではTじもんさんぶろぐ。

現場での山田君をぐるっと360度、見ていてくれて、
それをお知らせしてくれる。
本人が決して言わないようなことを。

take1で唸らせる演技。
想像をかる~く超えるその集中力。
100点満点をあげても、受け取らず、
ひたすら努力を続ける姿。

本日立ち読みした映画誌でも、オグリさんが誉めてました。
彼も山田君を360度見てくれている人かな。。

~セクシーさを漂わせている。この人とは目が合ったらもう離せない~(日本映画magazine)

現在(今)の山田君がまとっている、
男っぽさ、可愛さ、色っぽさ、ストイックさ、危うさ。。。
それらがいい具合にトロトロに混ざり合って、
本人の意思とは関係なく、振りまかれているのです。
この身に降りかかってきたら最後、
オグリさんじゃなくても、もう目が離せない。


理由なんてなくて、
大好きな人が誉められると、
嬉しくなるモンなんだね。
そしてその嬉しさがじわじわ心に広がって
涙にもなるんだね。。。にこにこ














予備。

7人のヘンタイと13人のシカク。
これもチーム男子ですか。。。

我が家の夏休み小僧もやっと動き出し、
私は手狭になった山田コーナーを大幅リニューアル。
収納棚のお買い得品を見つけたので、DVD、雑誌等々を収めた。
しかも、リビングの一角へ、堂々と!
振り返れば(いや、振り返らなくても)ヤツはそこにいる。
何とも満たされるではないですか。ウキウキがしょっちゅうやってくる。
日常の中のささやかな幸せである。
ささやかな幸せはちょっとの自助努力、もしくは心の持ちようで得られるけれど、
おっっきなソレは、そうもいかないわよねぇ。。。
本日、大洗の完成披露。まぁ、ハズれたわけですが。。

最近はハズれた場合の予備スケジュールも、ちゃんと組んでおくようにしてます。
地元のシネコンにてアンコール上映の「百万円と苦虫女」を観にいくという。
で、予定通り見てきた。
蒼井優ちゃんの演技って、何でこんなに引き込まれるんだろうね。
澄んだ空気のようなのに、存在感あります。


8月ってあったっけ??なくらい短かった夏。
忘れ物を昨日、取りに行って来た。
チーム男子の王道。WB。
毎年夏になると必ずDVD BOXをパタパタ。。。と開いていたのに、
今年は全く。
で、昨日、可愛いカンクローの虫干し。
年々別人度が増してゆく。

楽しみで仕方ないですよ。
山田君のこれから。

まずは、本日の完成披露、おめでとうございます キラキラY







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。