HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。
2009年10月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday  「東京国際映画祭」

TOHOシネマズ六本木ヒルズ
スクリーン5

「Happy birthday」の歌と、バースディケーキと、「おめでとう!」の声。
みんな手に手にペンライト。(入場時に配られました)
些か絵に描いたようなサプライズってヤツに、
山田君らしいリアクション。
一番ベーシックなサプライズです。
でも一番嫌いなものは「サプライズ」とのことです。(監督談)
にこにこ

たった一人での舞台挨拶、と聞いていた山田君は、
色々話すことも考えてきたんだよね。きっと。
朝5時まで撮影してて、3時間足らずの睡眠。
舞台挨拶の後は、「堂本~」の収録。
どうぞ身体には気をつけて。。と思わずにはいられないスケジュールです。

フォトセッションの時には、ムロさんが「タカユキ、26歳の誕生日です!
そして俳優生活10周年です!!」と叫んでくださり、
何だか興奮してしまいました。
いい人だ~ ムロさん はあと


終了後、たくさんのお仲間と、ささやかにお祝いをし、
それはそれは濃い1日となりました。
本日ご一緒してくださった皆様、ありがとうございます。


「千載一遇」
いつぞやの山田君のブログタイトルが浮かびました。
こんな素敵なチャンスを下さった、Sさん、Kさんに
心から感謝です。




スポンサーサイト

Happy Birthday!!

楽しい!
楽しい!
楽しい!

楽しそうに生きているあなたを見ているのが
楽しい!

26歳!
27歳!
28歳!

とことん生きているあなたを見続けられる
しあわせ!

羽根がある?
魔法が使える?
変身できる?

不思議な存在感
深い瞳に閉じ込めた想い
近くなったり 遠くなったり

追いつくはずのないものを
追いかけるのはセツナイ?

セツナイ感情も愛しく思える
もうすっかりあなたのペース 笑



今年も おめでとう
お誕生日 おめでとう キラキラ







「山田君のブログ?何ですか、それ(笑)」

悪口言ってたの、聞こえてたかしら。。。にこにこ

リアルタイムのことば、ひっさしぶり。
更新の間隔が、1日だろうと、半年だろうと、
何の前置きもなく、何のご機嫌伺いもなく、本題に入る。

いいね。

自由だ。

あの話、この話、実はみ~んな知ってるけれど(笑)、
山田君から聞けることに意味があるんです。

半分諦めながらも、心のどこかで期待してたんですよ。
この日を。
出来れば楽しそうで、幸せそうな山田君のことばを。
昨日までの憂鬱や、身体の不調に効果てきめん。
やっぱり楽しくなったし、幸せになった。
だから、あなたに「ありがとう」だわ。
遠慮はしません。まだまだ華を添えてもらいましょう 揺れハート



膣

Next yearのお約束

とある一夜の一軒のモーテルで繰り広げられる、摩訶不思議なラヴストーリー。いや、ラヴバイオレンス? とでも表現しようか。いくつかの部屋で展開される、それぞれ別なストーリーなのだが、ラストに近づくにしたがって、それが少しずつ交差して行く。その構成は天才的! (書評より)


好きだわ。こういうの。
またまた密室劇の匂い。
めっちゃ読みたい!
けど、どうしよっかな~ かお

「心置きなくはしゃぐ」
その日が再度やってまいりました。
「公然の秘密」
である ミ。。で始まるアレはまだまだ宙に浮いたままですが。。。

山田君楽しそうです。何よりです。
202号室、私も泊まりたいです。

心置きなくはしゃぐことが目白押しで、ちょっといい感じで壊れてます。

映画の公開が来年、2010年。
「2010年」
この文字を見るたび、はるか未来だと思っていた時代に
実際自分が存在している(だろう)ことに、
何とも不思議な感覚を覚えるのです。。。

時は立ち止まらないですね。
山田君の次のお仕事を追いかけて楽しみにする未来。
私が確実に重ねるものへ若干の恐怖を感じる未来 がーん


何はともあれ、2010年
「十三人」と「シーサイド」
この2つで確実に新しい山田君が観られるわけです。
未来が約束されていることの安心感と、ワクワク感。
これだけで生きていけます。。。ハート





ことば

「ことば」によって救われる、変われる。
想いがぎゅっと凝縮されて、
ポンって出た「ことば」のあたたかさにほっとしたり、
厳しさに自分を戒めたり。
きっと人はみんな、心の中の薬箱によく効く薬を持っているんだ。

今までの人生、いろんなことばを処方されてきた私だが、
先日、私の一言で救われた。。。と言ってくれた人がいた。
その人の疲れた心に薬を塗ってあげる事ができたのかな。
嬉しかった。


昨年の日記を読み返してみた。
今はすっかり、「山田君のブログ?なんですか、それ(笑)」
な状況だが、バースディ前夜に難解なブログをアップした山田氏。
そのことばのひとつひとつに、気持ちが大揺れ。
発信されたことばによって、心の奥をのぞいてしまうと
結構受け止めるのが大変なものだ。鬱々とした時間を過ごす。

今は役者としての彼を堪能できている時期なので、
勝手にいい方へ想像を膨らませている。
ことばがないのも、時にはいいかな。

もうじき26歳のバースディ。
この26年間、山田君はどんなことばを受けながら歩いてきたんだろう。
どんなことばに傷つき、
どんなことばに癒され、
どんなことばで前向きになれたんだろう。

10月20日。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。