HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。
2010年01月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月だからこんな話。

「エラゴン」
声優のお仕事いいですね。いやぁ、いい声 
つい目を閉じて聴いてしまいました。

いいと思うことや好きなことに、何の理由も要らないです。
でもいかに良いか、好きかをこうしてblogに毎度毎度綴っている私って。。
改めて、「どうしてblogをやってるんだろう」って、ちょっと考えてみました。
これは「どうして山田君が好きなんだろう」にも通じるところもあったり。

何の理由も要らない。。とか言っておきながら、
矛盾した発想ですよね。まぁ、大目に見てね。

blogを始めたのは、山田君について語りたい!の想いの到達地点。
それは彼のお仕事と、その時々の自分の心境の記録媒体としての意味もあります。
・・日々記憶が曖昧になっていくから 

語りたい!のであれば、こんなカタチじゃなくて、
誰かと語ればいい。お互いの顔を見て話せばいいじゃないか。
exactly! その通り!

でも語りたい、と語り合いたいとでは、意味が違いますね。
語り合うのメリットは、楽しく盛り上がる。
ではあるとしたら、デメリットは?


「語りたい」からスタートするこのblogという形態は、
私に限って言えば、かなり我がままに、好き勝手に、
自分のペースで突き進める、うってつけの手段であります。
心の中のもや~っとしていて、カタチを成さないものを言葉に書き起こす作業は
大変でも楽しいですし、何より一番落ち着くのですよ。

そこには誰かの賛同や共感を期待するでもなく、
自分の心の赴くままに徒然しちゃってるので、
何とも独りよがりの、時には独善的なものになっているかもしれませんが。

人並みに人付き合いもできますので、「語り合う」ことも拒絶はしておりません。
むしろ、楽しんでます。
こちらにコメントを書き込んでくださる方や、シークレットのコメントを下さる方。
「うっ。。わかってくれたんだ。う、うれしい 
って内心涙出るほど喜んでます。
その時のお互いの「温度」が同じだったのかな。。と思いながら。
同じ温度の時に語り合えれば充分です。


先ほどの答え:「温度差」だと思います。

でもデメリットも考えようによっては、メリットになり得る。
受け入れられなくても、受け止められれば。
(もしくは受け流す?)

どうして山田君が好きなんだろう。。
結局は、この答えが知りたくてblogをやっているんだろね~ きっと。

山田君を応援することで、ファンもハッピーになっていくといいな。
ハラハラさせられることもあるけど。


今日は満月です。
誰かさんのテンションは今いかほど??





スポンサーサイト

鏡(真逆なもの)

鏡の中は理想の世界。夢をみているような。
でも楽しい夢をみながら、心の隅でいつか終りが来ることを知っている。

夢と現の境界線。
それはとても不安定で甘美。
幸せと不幸せ、綺麗と汚い、上品と下品。。。
鏡に映るのは相反するもの。

「Dr.パルナサスの鏡」
この映画が完成に至るまでのエピソード込みで観たせいもあり、
物悲しさと、優しさ、楽しさが詰まったメチャメチャ素敵な映画でした。
私的にはジョニーデップと迷宮を彷徨いたい ハート

本日休日。
+act.購入。
一番後ろのページから読み始める。
当然、一度読んだだけでは理解し難い山田節。
でも取り合えず、病んでる度合いは低そうで少し安心。
免疫ができたともいうかな。

撮影現場レポ。
えぇ~! ほぉ~。。 そぉなんだ。ふぅん。
そんな場面があるのね。
としばし想像してみたりする。
この物語の、不健康そうな設定が楽しみで仕方ありません。

THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL BEST 購入。
私も誰かさんと一緒で、JAMを初めて聴いた時に、
ショーゲキを受けたのでした。
「こんな夜は、逢いたくて、君に逢いたくて、また明日を待ってる・・・」
の歌詞とヴォーカルが心に響いたんです。
「明日を待ってる」というところが、不安でセツナイ一人きりの夜を
感じさせて、しばらく頭から離れなかったんですよね~。。

山田君きっかけでトリビュートを買いましたが、
CSでやっていたビデオクリップを何度も観ているうちに、
これは吉井さんの声で聴かないと!!
と思い、ベスト盤の購入に至ったわけです。
いい意味で不健全な感じが、逆にピュアだな。。と感じます。

さっきから「不健康」とか「不健全」とかいう言葉が出てますが、
多分、健全じゃないものへの憧れが私の心の中にあるんだな。


行動範囲は超狭いけど、私にしてはアクティブな休日でした。

健全な日常に不健全なエッセンスを 音符



「公然の秘密」

じわじわと、情報が流れ込んできています。
それまで断片的でまだ半信半疑だったものが、
各方面の山田連絡網(勝手に命名です)により、
かなーり、信憑性を帯びてきています。
(ありがとうございます♪)

でもまだね。。。「公然の秘密」

映画って、噂が出てからほぼ確定になるまでの期間。
ほぼ確定から発表までの期間。
そして発表から公開までの期間。
幾度となく、「待機」を余儀なくされるモンですね。

このごろは、このサイクルにも慣れてきたような気がします。
まぁ、何だって、いつだって、楽しいのさ。
そういうことさ 揺れハート



「乱暴と待機」のレポが今月発売の+act.に載るようです⇒+act.3月号 1月27日発売

「頭の男」の連載も次号で11回目。
第1回目のディープでざわざわ。。。が未だに忘れられませんが、
「書き溜めていた」ものであっても、
リアルタイムに近いと感じさせる山田君の言葉に
純度の高い刺激を頂いてます。
原色の絵の具をいきなり塗られたような。
そしてなかなか消えない。
消えないまま、塗り替えられているしで、
もう大変 まったく


日常生活のあちこちにもある「公然の秘密」
これが大人になればなるほど増えていく不思議。








月の砂漠で想うこと。

山田君からのメッセージは来たけれど、
もちろんいつもの通り、お仕事には触れず、
ショート・ショートを1篇追加してくれたワケですが。
昨年は公開作もたくさんあり、それに付随した露出もそれなりにあり、
常に夢と魔法の山田王国にいるような感じでした。

で、最後は何だか奈落の底に突き落とされたような一昨年はと言えば、
主だったworksが「イキガミ」と「252」の2作品のみ。
今朝食べたものも思い出せない私は、「あれ~?あと何してたんだっけ?砂漠に放り出されてた
記憶もないし。。」と、すぐに思い出せずにおりました。

まあ、色々やっておられた1年でしたね。(今更;)
年の初めのバラエティ&ロケに始まり、
2月にはブログも始めてくれて、+act.さまの連載もスタート。
ホルモーやMWの発表に浮き立ち、そうこうしているうちにクローズゼロⅡ決定のメール。
「シアワセネイロ」のPVなんかにも出ちゃったり、
やべさんラジオにも出ちゃったり。。
秋ごろには雑誌の大波が来て泣き笑い。
玉鉄さんとPVにて共演あり。

こうやって整理しないと、時系列データがぼろぼろに崩れてしまう
弱い脳みそです。

そして近づいたと思ったら、思い切り突き放されたようにも感じた1年となりました。
でもそれが凄く意味があったというか、効果的だったというか、
次の年への心構えができたというか。。。

その頃の日記にも書きましたが、余計なことを考えずに(期待せずに。。の方がいいかな)
役者としての山田君を見つめて、応援するのだ。それでいいのだ。
という正解を導き出してくれたような気がしてます。
昨年のお仕事ぶり、役者ぶりを見せられて、改めて納得です。

それともうひとつ、いくらブログで繋がっているように思えても、
山田君と私たちファンとの距離を、さり気なく示してくれたような気もしています。
人と人の間に必ず存在する丁度いい「距離感」


そうは言ってもね~
色々期待しちゃうし、望んじゃうし、求めちゃうしで
思うようにはいかないのが人の心ですよね。。。


ガンバロ、山田君を応援する私たち にこにこ 








Frog river

堂々と大きな仕事は成し遂げるのに、
日常的な小さなそれは、なかなか大変なんだね。

山田孝之はオフになっても、一歩外に出たら、
どこから見ても「山田孝之」だもんね。

そりゃぁ、日常生活の方がハードル高いこと
多いわね。

ハートは子羊。
ライオンの皮を被るのは演じている時だけであり。。。

銀行の口座開設は、その後どうしたかな。
と思い出してしまった、昨日の近況?報告。

洗濯機、調子悪いんだよね。
買わなくちゃ。。
ということも思い出した(これは私ごとです・・)


その川を跳び越えろ!
がんばれ!
YMD~~アップ






プリズム

img.jpg

智史の静けさは、嵐の前の静けさ。

この役はそれまで積み重ねてきた経験、得意分野の集大成のような気がしています。
優しい男の子、ややMっぽく、よく泣く、周りのだれかさんが死んじゃうもしくは病にふせっちゃう。

当時この映画のストーリーと役柄の発表があった時に、
正直「え?また??」
また何とヤマダヤマダしている作品。。。
久々の映画は楽しみではあるけれど、意外性という面からはかけ離れ、
静かにストンと胸に落とすしかなかったのです。

この直後に、彼のターニングポイントであり、
「あっ!!」と言わせた多摩雄に挑戦したわけですが、
この予想をはるかに超えた挑戦が見えた時には、
山田君ならではの役柄をもうちょっとだけ堪能したい。
と、まるで巣立ち行く我が子をもう少し手元に置いときたい。。
という感情にも似た想いで「その彼」を見守っていたような気がします。
それは「この先ずっと同じような役ばかり続くのかな。。」という不安が取り除かれたからでもあります。

「その彼」については、まぁ色々ご意見もありましょうが、
見ててください。この後、ドーーーン!とはじけますよ~~
という、大イベントを内緒でしかけているような高揚感がありましたね。

だけど、私(たち)以上に、山田君のフラストレーションもMAXになっていたのを
感じていました。
それはインタビューなどからも垣間見ることが出来たのですが、

「もう泣きたくないっす」
「その彼」の番宣で平○監督と一緒に出演したラジオ番組での一言。
冗談交じりにではありますが、それを聞いたときにそのモヤモヤが
ひしひしと伝わってきたのを覚えています。

もっと言うと、「平○さん、泣きの演技と言えば、オレ。みたいの。もうやめてくれる!?」
の訴えにも似た一言だったんです(あくまで個人的な見解ですから。すみません。平○さん)。

この作品の後も、クローズゼロという作品に出会わず、ヤマダヤマダした作品が続いていたら、
山田君、どうなっていたでしょうね。。。
逃避行? 冗談です。いやでも半分本気。


役者を初めて8年経ち、今の姿になる前の(笑)最後の作品だと思うと、
何だか愛しい作品です。


山田君の過去と未来と今。
山田君の経験と可能性と挑戦。

それらが作り出すプリズムが
いつまでも輝きを放ち続けることを願っています キラキラ







エピソード

橋から人を川に叩き落とす。。。って
普通経験することはないでしょうねぇ。

何を物騒な!? 

やべさんちのヤマダエピソードですよぉ kao03

役者生活10年とは言え、まだ経験していないコトも、そりゃたくさんあるでしょう。
でも、「橋から人を川に叩き落す」コトに思わず興味のポイントが合ってしまった、
その感覚。
その感覚こそが、私にとって興味深いところですよ。
この独特な山田的思考が。。。

そしてそんな好奇心を満たしてくれるチャンスもあり。

周りの人々が山田君を、
子どものようにはしゃがせてあげたい!
テンションをMAXにさせてあげたい!
大満足の笑顔にしてあげたい!!
って思ってしまう。
と同時に、
そんな、子どものように満面の笑みで、テンションあげてはしゃぐ山田君を
なんか見てみたいよな~~
って思わせる何かが、彼にはあるのではないか??

思わず「やってあげたくなる」お得な性質の持ち主であることと、
何よりも演らせたら、期待以上の演技を魅せることをみんな知っているから、
それを観て感動したい!
という想いが、みんなを動かすのかな。。。と思ってみたり。



知るはずのない、こんな小さなエピソード。
でも山田孝之という人を知る、貴重なエピソード。
5年目に突入したいちファンの、テンションをあげたエピソードでした ハート






2010年もよろしくねっ('-^)b

初日の出に思わず手を合わせた元旦。
ゆらゆらとゆっくり上ってくる太陽。
昨日と同じはずなのに、何だかとってもありがたい。

今年の目標のひとつ。「早起き」
小学生並みな、このシンプルな目標。
今年はここからすべてを回していきます。

昨年を省みて思ったこと。
自分の意思とは関係のないところで起こってしまう出来事や、
今すぐどうにもならない自分を取り巻いている環境。
それらのものに振り回されない、もう少し強い自分でいたい。
どんな場面であれ、しっかり自分を持っていたい。

強い自分。。。なんてイメージすると肩に力が入ってそうですが、
これが意外と気持ちを楽に持っていけるんです。
何が起こるかわからない。どんな結果になるかわからない。
それによって自分が右往左往してしまうから苦しいのであって、
そこは一旦受け止めて、マイペースでフンフン♪と鼻歌混じりでいきましょ。
ってことなのです。

現在、私にとっては重大な結果待ちの案件があり、
それが悪い結果になってしまうと、そこから先の自分が不安で仕方がない。
でも、どんな結果であれ、自分の進むべき道を決めてしまったのです。
そしたら、不思議と気が楽になりました。
結果より先回りして自分をイメージするってことかな。。


山田する以外は、結構息絶え絶え。。な2009年でした。
でも本当に支えられた!
山田君に。ヲタ友の皆さまに。
「そんな場合じゃない」時にも引っ張ってくれた友人たちに感謝です。
いや、むしろ「そんな場合じゃない」時こそ、
山田です。
2010年、どんな場合にも山田です。
1日も欠かせません。

寝ても覚めても想う人がいる幸せを分かち合いましょう!
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


2010年 元旦 快晴 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。