HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。
2010年02月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家発電

「シーサイドモーテル」の主題歌
シャネルズの「ランナウェイ」
30年前の作品か~ 生まれてないな。。(-.-")ハァ?

「大洗にも星はふるなり」DVD発売が5月28日。
これって。。近いの?遠いの?微妙すぎる。

3月発売の+act.さんが今のところ一番近い供給源だろか。
「頭の男」以外にも何かあると期待しとこ。

ここ最近生暖かい風が吹き、温度もじわじわと上がり、
予定どおりに花粉に反応し、
春だな~ 
紅梅、白梅、咲き誇っています。
くずかごには白いティッシュが咲き誇る。


仕事以外は何だかぼーーーっとして過ごしている私。
そんなこんなで2月も終る。
よし。今度の休みは美容院へ行こう。
頓挫していたユーキャンも再開しよう。
5回観て1回ただになったフリーパスで映画も観よう。
読みかけていた本もさっさと読んでしまおう。

なーに。山田パワーがなくても平気さ。
自らエンジンかけるだよ 







スポンサーサイト

山田応援実績

あんまり昔を懐かしんでばかりいると、早くボケる。
ということですが。。。

2月22日と言えば、忘れもしない昨年の「BLACK FESTA」
深夜2時22分からスタートしたクロゼロⅡのトークイベントです。

普段の行いが(きっと)格段に良い友人に誘っていただき、
普段の行いが(絶対)格段に悪い私は、夢をみることができたのでした。

この日から始まった「やまだふぇすた」
お花畑の蝶々のように、ヤマダからヤマダへとヒラヒラと舞っておりました。


ってね。
こんな1年もあれば、そんな1年もあり。
1年単位でみれば、「あぁワンダフルな1年だった」「砂漠に置き去りな1年だった」
と様々だけど、3年、5年単位でみたら、どうでしょう。。
昨年のようなワンダフルなやまだふぇすたイヤー(長っ)を100としたら、
砂漠で干からびていたあんな年は30、干からびた上に砂嵐に見舞われたあの年はゼロ、もしくはマイナス。
その他の年は80。

そしてざっくり、自分の中で平均値を出す。
そしてやっぱり、「役者山田が好きだ」
となれば、万事OK。。。

とすいません、めんどくさい持論をかましました。

何事も、すぐに結論が出ることばかりじゃなくて、
何ヶ月後、何年後かに「あぁ。。そうなんだ」って、思える、気付ける事の方が多いような気がします。
これは、私がのんきな性格だからかもしれませんけど。。

できるだけ後悔のないように、心の針が示す方向へ歩みを進めていきたいな。
山田君も言ってた。
自分にとってのまっすぐの道。




つい出た、愚痴

姿が見えないってのがね~
乙女達の不安な気持ちに拍車をかけてくれちゃってるし。
やっぱり山田君は演じてナンボ。
動いて喋って笑って泣いて。。
フィクションの世界へ引きずり込んでくれなくちゃ。

Tじもんさんによると、13人はもんの凄いことになっちゃってるって。
楽しみ~ だけど先なが~い(ToT)
秋っていつ来るの?
春が来て、夏を越して、それからだよね。。。

山田の悩みは山田で解決。
早く解決させてよね。

先は長いけど、
「夜は必ず明けるんだよ」
この亜紀ちゃんの言葉を胸に耐えるとします





こころ痛めてるあなたへ

砂が目に入り、痛いよ。
泣いちゃえば、流れちゃうかな。

そうだよ、泣いちゃえばいいよ。
苦しい気持ち、悲しい気持ち、
全部流れて消えてしまうまでね。

泣けない私は、変に大人ぶろうとしてるんだよ。
「頭」で処理しようとしてるんだよ。
「心」の方がエライのに。
そして中途半端な泣き笑い。

現実は時に残酷だから、覚めない夢をみたくなる。
でも無理やりたたき起こされたりするから、堪らない。

「自己嫌悪の種」は私も懸念するところであり、
行間にその存在を感ぜずにはいられないのは多分、同じだな。

思う存分泣いちゃって、ぽっかり心に穴が開いたら、
また何か違うものが得られるかもしれない。
その穴の中に予想もしなかった何かが入ってるかもしれないよ。

それを一緒に見よう!
こころ痛めてるあなたへ。。。










茄子かい。

他人の考えを聞くことの素晴らしさ。
それは年齢や性別、ましてや学歴や職業も関係ないんだな。
上手くピースが見つからなくて、未完成のまま放っておいたパズルが、
思いがけない時に、思いがけない人の言葉で完成してしまった。
なんかとっても得をした気分になる~♪

今回そのパズルを完成させてくれたのは、あなたですよっ。
そこの山田君。
どういう深夜のてんしょん??なブログの主。あなたです。

人生の岐路とか、二者択一とか、AorBとか、迷うことは多々あれど、
迷った末進んだ道も、結果、真っ直ぐの道なわけだ。
右へ進んだ、左を選んだ。。というのは、全部他人から見た自分。
みんな自分の目の前の道を真っ直ぐ歩いているんだ。
何て簡潔。

自分の道=選択
それを信じなさい。とのお告げのようです。山田教祖さま。






こんがらがった糸は、何かの弾みで解けることもあり、
そのきっかけが見つかるまでが一苦労。
でもそれを見つけて心が軽くなった人は、
前よりもっと優しくなれる。そして強くなれるよ。
頑張れ!My Best Friend.




雪の夜

しんしん。。。

北国に住んでいた子どもの頃、
雪が降ってくると、雪の降る音がした。

ストーブの上のヤカンがシューシューと鳴る。
それ以外は無音の夜に、
しんしんと、音のない挨拶をする。

父は無言で書物を読み、
私は溜まった宿題をする。

「もう遅いから寝なさい」
「もう少しで終るから」

冬の主役の傍らで、短い言葉を交し合う。
雪たちの台詞の邪魔をしないように。

遠い昔の、ところどころかすれてしまったあの晩のこと。
何故か今夜は思い出す。

病床の父は今、何を想う?
雪の音など聞こえてるだろうか。。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。