HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。
2011年10月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REPLAY&DESTROY

携帯ドラマ、確かに今まで演ってないよね。

某日、このドラマのエキストラに行ってきた。
演技指導も受け、ストイックな女優魂を見せ付けてきた 
そんでもって、楽しかった!!
・・使われるかどうかはわからないが・・

ドラマの内容は全くわからなかったけど、
この監督のもと、荒川の撮影現場はこんな風に楽しかったんだろうな。。
という感想。

あ、山田くんは来なかったんだけどね



マイコミジャーナル

スポンサーサイト

ふわふわ

今日は不思議な感覚を味わいました。

午後から会議(のようなもの)がありました。
電車に乗る前に山田くんがカーペットを歩く!という情報を知り、
気もそぞろ。。
なんで会議なんだよぉ

と思いつつも、晴れやかな山田くんの姿を想像して
とっても気分よく電車に乗りました。
その間もケータイであちこち情報を求めまくりの自分。

会議の1回目の休憩時に見た、友人がアップしてくれたインタビュー時の山田くん。
なんてかっこいいんだ
と、素直でシンプルな言葉が思わず口をついて出そうになるのを必死でこらえ、
その友人のアップ記事に想いを綴らせていただきました。

そしてまた2回目の休憩時には、某SNSにご本人登場!!キャー!
と叫び出しそうな衝動を抑え、臨場感溢れる皆さまのカキコミを
今日一番の集中力で追い続けておりました。
そしたら、何ということでしょう~
ご本人がコメしてるではありませんか!
え?こ、こんな時に?こんなことって!!

休憩時間の終わりも近づき、軽くパニックになるワタシ。
早く帰りたーーい!

そして帰り際、今日の会議の何かしらがトンでしまっているのではないかと
急に不安になり、きっちり大事なところは質問を済ませて、家路を急いだのです。
そして駅からのバスに乗って、ホッとしたところで、
冒頭の『不思議な感覚』を味わったのです。

今日、私は六本木にいた・・?山田くんを見た・・?
いや今日は本社に行ってたよね・・だから六本木には行ってないし、
山田くんも見てない。

サブリミナル効果なのか、幽体離脱なのか。
会議と山田くんのサンドイッチ状態で、
思考が尋常ではなくなったみたい。

でも、自分が二人いて別々の場所にいたような、ちょっとお得な感じ。
こんな日があってもいいか







秋の片付け

山と積まれた雑誌を見て
・・どこまで増えていくのだ?

入りきらなくなったDVDたちを見て
・・いつまで追いかけ続けるのだ?

山田くんは今日で28歳。
当然ワタシもそれなりにトシを重ね。

今までもそうだけどこれからも
『夢を与えてくれる人』と
『夢を与えてもらう人』の関係。

いつまでこの関係でいられるのか。

最後の答えは決まって
『ときめきがあるうちは、その気持ちに素直に従う』
誰でもなく、自分が決める。


おめでとう。28歳。
まだまだあなたに興味は尽きない。
まだまだ山田孝之以上のものが見つからない。
まだまだ、夢を与えてください。


Happy Birthday!!

ワタシのしあわせって。。

某所での山田くん登場が楽しすぎです。
今日はファンサービスディだった?笑
奇遇ね。私もお休みだったの。
朝からどこにも出ずに、籠もってたの。
お蔭様で白夜行の再放送を堪能し、
溜まった山田雑誌をコツコツと整理してましたわ。

そしてずっと気になっていた冷凍のカボチャで
カボチャ団子を作ったのよ。
美味しくてしあわせ

そんな幸せと同時進行してたのよ。
松浦を刺した亮司。
『死んで。もぅ。。』
この言い回しと声は天然記念物並。

驚きと癒しと感動を
この先もよろしく。


85%の不安と15%のワクワクと

山田くんの不安度を35%上げた役は??

正解!『白夜行』の亮司役。

当時のインタビューを読み返したら、いつもは不安とワクワクが50%ずつだったのに
今回は。。。のお話。
85:15って、これが山田くんか(笑)

未知のものに対する不安。
そこに挑戦する姿。
そしてしっかり結果を出す実力。
いつも感動する。羨ましくもなる。

現状を維持しようとする時には
今まで以上の努力がなければ
維持すらできずに下降線。
更に上に向っていこうとする時には
無理難題に果敢に挑戦しなければ
今までどおり。

クローズゼロの時にも、同じような不安があったと記憶しています。
やはり不安が大きければ大きいほど、結果もまた大きく花開くんだな。。

最近のインタビューを読んでいると、
不安は微塵も感じられず、ワクワク100%な気さえするんですよね。
経験が作り出した自信なのかな。
それと観てる側、作品に携わる側も、
山田くんならやってくれる。
そんな期待と信頼関係が築かれているような気がします。

だから山田くんに出来ない役はない!!って、ワタシ思ってます。
演じてるんじゃなくて『その人になってる』んですもの。
これ以上のこと、ないですよね。

12年の歳月は、山田くんを唯一無二の役者に仕立て上げ、
これから先の未来には、まだ観たことのない山田くんが待っている!

長生きしまーす






主題歌

『君が幸せ掴むように
 偽日になり 祈ろう
 少しの念こぼし 
 その先に残るのは
 呼吸のあとだけ・・・』

ぎゅーっと切なくなります。
柴咲コウさんの『影』

亮司の雪穂への想いが詰め込まれていて
また白夜行の世界へ引きずり込まれてしまいます。

いつまでもこの主題歌とともに
心に残る、辛すぎる物語。
でも思い出してはまた観たくなる
不思議な物語。


演技の神様

『演じている時が一番楽しい』

これは演技の神様が彼についているからだろうな。
こんな言い方すると嫌がられそうだけど。いや、完全に嫌がられる。

よく好きなことを仕事にする。。っていうことがあるけど、
スカウトからこの世界に入った彼は、やっていくうちに好きになっていったってことでしょう。
自分の一生を賭けていけるようなことって、探しているうちは見つからない。
とにかく縁があって始めてみて、結果どうか。
チャンスをつかむかどうか。

でもチャンスをつかんだからって、チャンスをモノにできるとは限らない。
そこが『神様』がついているかどうかなんだと思うんだな。
言い換えれば仕事に対するセンスがあるかどうか。

バッチリ!じゃないですか。山田くん。

監督の要求に応え、なおかつ+で返してくる。
期待以上の結果をだせる。
これは誰でもできることじゃないし。

どんな仕事でも、あるレベルまではいける人は多いと思うけど、
そこから先、抜きん出て、人とは違う個性でやっていける人は、
限られてくるよね。
適性。。ということも考えなければいけない時期もくる。

あ、ちょっと梅酒で酔ってます。
何だか現実の仕事の話になりそうです。

山田孝之は役者で正解!!
結局、コレが言いたい






カウントダウンもどき。

最近は毎日のようにヤマダ雑誌が出てます。
でも本屋さんから姿を消すのも早くないですか??
誰効果?(-o-)

決してお安くないですからね。
厳選して。。と思っても、どれもいい~♪
魅惑のまなざしが私を捉えて放さないんですもの(*--*)

やはり写真集。。。しつこいですか。。テヘ。

いろんな雑誌のインタビューを継ぎはぎしていくと
私の頭の中で山田くんが形を成していく。
でもそれも彼の一面でしかないのかもしれないな。



誕生日までの数日。
私はブログを書き続けるのだ。

と、まったく区切りの悪い昨日からスタートした 









誕生の日

今年も10月20日がやってきます。
この日が私にとって特別な日となって、7年目。
相変わらず山田孝之を楽しんでます。

この楽しみを知ったきっかけは映画『電車男』
最近はなかなか観直す時間もありませんが、
山田くんの作品の中でも一番観た回数が多いと思います。

何故、『電車男』だったのか。。。
これは私の人生史上、最大の謎かもしれません。
好きに理由はなくてもいい。
でもそれをカタチにしたくなる。
ややこしい感情を抱いたまま現在に至る。。です。

とにかく興味を持ってしまったものはしょうがない。
過去の作品を、何かにとり憑かれたかのように
探し、観続ける。

当時はかなり情報は少なかったと記憶しています。
ネットで見つけた先輩ファンの方のブログが唯一、
心の拠り所と言っても過言ではなかった。

そして一番重要なのは、彼との出逢いが私の『生きかた』を変えたことです。
特に夢中になれるものもなく、仕事に追われる毎日。
自分の人生なのに、いつも誰かに操られているような日々。
そんな毎日にピリオドを打ったのも、彼の存在があったから。

自分にとって、何が大切か。
それを考え始めることができて、やっと私自身が『誕生』したのです。
自分の人生の主導権は自分にあるんだ。ってことに気づいてからは
本当に大切なものが見えてきました。

それと、自分が楽しく過ごすためには、素早く悩み事や不安なことを
解決する、もしくは一旦置いておく、そんな力も副産物として付いてきました。
こうなると山田神!のような扱いですが(笑)
こんな出逢いは、そうそうない。
奇跡的なことだと思っています。

今も忙しい日々には変わりありません。
でも自分を見失うことは、もうないと思います。
この6年間は、ほんとにいろんなことがあったけど、
強い自分を目覚めさせることができたので、
こうして今、笑っていられます。

『電車男』を観る前の私を今、客観的に見ています。
その映画を観る前と後では、正に180度人生が違っちゃうんだよ!!
って言いたくてウズウズしている、現在の私。
そしてその映画をチョイスしてよかったね、おめでとう!!
と心の中で拍手です。

あれから山田孝之を楽しまない日はないです。
これからもそんな日々を送っていきたい。

誕生日、もうすぐ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。