HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神無月にかこまれて

人恋しと泣けば十三夜
月はおぼろ 淡い色具合
雲は月を隠さぬ様にやさしく流れ
丸い月には流れる雲が
ちぎれた雲がよくにあう

神無月にぼくはかこまれて
口笛吹く それは こだまする
青い夜の空気の中に生きてるものは
涙も見せず笑いも忘れ
息をひそめて冬を待つ


(井上陽水・神無月にかこまれて)


神様たちが留守にする10月。
神頼みが嫌いな彼の生まれた10月。

その鏡のような月に
自分の心を映してみれば
迷っていたことの答えが出そうだ。
神さま不要かも。



先日3回目の十三人鑑賞。
はっきりわかったことがあります。
もし、この映画で初めて山田くんを知ったなら、
『新さまオチ』をしていただろうと。

もう、文句なしにかっこいいじゃありませんか!
『お盆には帰ってくる。迎え火を焚いて待っててくれ』
よくぞこの台詞を言ってくれました。
久々の2枚目がはまりすぎです。
ぐっときますね~



自分の生き方を模索し、命を賭けた戦いに挑む。
戦いの後に残った疲れと虚しさ。
それでも捨てることができない刀。

山田くんの役者としての生き方と重なってしまいます。
様々な葛藤と戦い、ある時は世間の中傷に心を傷め、
心身ともに厳しさを強いられ、
それでも己の道を切り開き、前へと進んでいく。
命を削っているような、天職だと思わせるような。。




今回の落馬の件も然り、
とにかく大きな怪我のないよう、
神無月だろうと何だろうと、私には
『神さま』に祈るしかすべはないのです 







スポンサーサイト

COMMENT

初めてコメします

はじめまして、35歳の独身女子ですウォーターボーイの頃から役者山田孝之くんが大好きなものですドラマはほぼ観てましたが、映画は仕事が忙しくてここ数年観てなく久しぶりに『十三人の刺客』を観てまた熱再来ですしかもあのマニアックな孝之くんの文章が大好きで、たまたまこちらに辿り着きurakoさんのブログを拝見させて貰ったら、引き込まれてしまいました一回目の十三人は孝之くんにドキドキし過ぎて帰ってからジワジワ役どころの奥深さを考えてます
これからも色々こちらで学ばせて頂きます、宜しくお願いします

ザラさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
同じ人に二度目の恋e-266
あり得ますよね~
この映画は結構な長さもあり、うわぁ~(怖)なシーンもあるので、何度も観ないかも。。
なんて思ってたのに、またすぐに新六郎に会いたくなっちゃうんですよね。

学ばせて。。なんて、とんでもないです!
独り言の類なので、一緒にぶつぶつ言っていただければ嬉しく思います。またいらしてくださいね~♪

10/1 19:00 シークレット拍手コメントへのお返事

はじめまして!コメントありがとうございます。
そしていつもお読みくださってありがとうございます。
十三人、四回目ですか!ま、負けた(笑)
あの時代を生きることの迷いとか焦燥感そのものが新六郎なんだと思います。
生きる時代が違っても、胸に迫ってくるものがありますよね。

これからも一緒に、陰ながら山田くんをサポートしていきましょう♪

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。