HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マトリョーシカ

naviの山田くんを見た時、『お~これはまた個性的な。。まぁきっとコレはこれで正解なのだろう』
と納得させつつ、隣にあったmagazineを手に取り、山田くんのページを開いた瞬間!
『お帰り、山田くん』と思わず心の中でつぶやいた。
どこか懐かしい、ナチュラルな山田くんの視線に、初恋の人に偶然出会ったときのようなときめき。

先月末には+act.を買い、昨年の秋ごろからの雑誌がそのまんま無造作に段ポールの中。
これ、いったいいつ整理するんだ?

naviのインタを読んで、やっぱりこの人バランス感覚が優れている。と思った。
頑固さと柔軟さ。
もしかしたらテレビドラマ一辺倒だったら、こうなってはいなかったかもしれない。
映画の現場がもたらしたものは大きいと感じた。
牙を抜かれない山田孝之は不滅、無敵、です。

昨日、太平洋の奇跡のメイキングを観てて、改めて山田くんは私のささやかな夢をかなえてくれる人だ。。
と確信した。
山田くんのファンになって何が嬉しい、楽しいって、いろんな役を演じている姿を観られること。
あんな役、こんな役の山田くんを見てみたいな~という密かな夢も
どんどん叶えていってくれている。


最近なぜかマトリョーシカグッズにはまってしまった。
今まであまり興味のなかった『可愛いもの』になんだか惹かれる。
先日の試験でもペンケースと計算機にマトリョーシカのシールを貼り、
マトリョーシカのブランケットをひざにかけ、楽しくお勉強してた(笑)
暇さえあればマトグッズを探して小物のお店を物色する日々。
ロシアに言って本物を買い付けてこようかしら。。と半ば本気で思ったりして。
本物はいつか、何かのご褒美に買うとしよう。

こんな風に自分が何に夢中になるかって、全くもって予想の付かないこと。
その対象が現れるのを、きっと心のどこかで待っていたんだろうな。
6年前に山田くんにはまった時もそう。
突如としてその時がくる。

『あ、みぃつけた!』って。






スポンサーサイト

COMMENT

No title

”お帰り”ってつぶやいたウラコさんが、またまた
なんだか見えた気がしたよ♪

マトリョーシカ・・うわ!!偶然にも私も同じ題材で書いたんで、びっくり!!

でも、扱われ方が天と地ほど違ったので(爆)
なんだか、ごめ~~~ん!ウラコさ~~~ん・・ってなった(笑~)


恋はするものではなく、堕ちるもの。
まさにヤマダくんにはそんな感じで、今に至ってます(^_^;)

そのうち落ち着くんだろうと思ってたけど、いろんな姿をみせてくれる彼には、飽きようがない。

どんどん欲深く、こんな役も、あんな役もと夢みてしまいますね♪

マトリョーシカ大好きっ子、うちにもいます☆
シールを筆箱に貼り、カレンダー、風呂敷までマトリョーシカですよ♪

ぱーぷる☆さん

> ”お帰り”ってつぶやいたウラコさんが、またまた
> なんだか見えた気がしたよ♪
>
そ?そんなウラコさん@本屋

マトリョーシカ、倒さんといて!!
ボーリングのピンじゃないんだから!(溺愛)
ん~山田くんがマトリョーシカだったら、どんどん大きなマトリョーシカが
出てきそうだね。あり得んけど(^^;)

まるこりょーしかさん

> 恋はするものではなく、堕ちるもの。

うん。堕ちて堕ちっぱなしでそれもまた楽し♪
いろんな役をやってくれる彼は、最大のファンサービスをしてるってことだよねん。

そうか、そうか、マトファンがいましたね~
シールを筆箱に。。って私とオソロ('-^)
これって喜んでいいんだよね~(笑)
今度コレクション見せっこしましょって言っといて(本気)

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。