HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヨウのうた・5年の年月を経て 

『あれ、こんなに泣けたっけ??』
ってくらい涙、ダー(ToT)の最終回。

最後に海辺で一緒のシーン。
薫の笑顔の後に来る、孝治の喪失感を思い、胸が痛い。

夢を持たずに生きるより、夢を叶えて死んでいくことを選んだ薫の選択に
『お前には、小さい頃から我慢ばかりさせてきた。すまない。
これからはお前の好きなように生きなさい』
親としての決断に涙が止まらない。。

『夢は諦めない限りなくならない』というセリフ。
このドラマで一番好きな言葉。
夢を現実にするのは自分自身なんだと言うことを
気づかせてくれる。

このドラマはエリカちゃんの魅力満載。
強がっても、泣いても可愛いし、画になる。
セリフの言い回しもサスガ。
また女優としての彼女を観たいな。


ちょいちょい現れる『これ、必要??』なエピに
がっかり感、いやそれを通り越して観てて辛くなる感覚があって、
ドラマ終了から一度も観たことがなかった。
マイナスなイメージが払拭されないまま観たからこそ、
いい場面が際立ったのかな。。なんて思いながら観終えた。

2006年、もう5年も前になるんだね。
ドラマはその時のままだけど、
この経過した年月が数滴のエッセンスとなり、
ビターがセミスゥィートになったみたいな。。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。