HOME プロフィール

星屑urako

Author:星屑urako
ヤマダ好き、読み物好き、映画好き、甘いもの好き、家にこもりがち好き、ヲタ仲間好きです。電車くんで彼の魅力に気づいてから、早7年。飽きもせずに日々、ヤマダ生活です。

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

寝ても覚めても・・・

大好きなモノ・気になるコト・伝えたいオモイ 気ままに綴っていきます。 役者の山田孝之さんを追い続けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その夜の侍

17日、赤堀監督のティーチイン付き試写会に参加いたしました。

赤堀さんといえば、シーサイドモーテルの警官としかイメージできなかったのですが、
ちょっとシャイな感じの、可愛らしいおじさんでした(笑)
この映画+監督のお話で、より味わい深い時間が過ごせたことに感動です。
映画が終わってから、ロビーにいらした監督に、じかに感想をお伝えできたことも非常によかった!

さて、映画の感想ですが。。。
今、しみじみ思うのが、『日常』
登場する人物が特別な人たちではないこと。
特別な出来事ではないこと。
日々、都会の片隅で起こりうる、『日常』のひとコマ。
もしかしたら、ちょっとの間ニュースになって、話題に上ることかもしれないけど、
それだって日常。いくつものニュースが毎日流れていく。

我らが山田くん演じる木島ですが、
こんなワルイやつだけど、きっとこうなったのには理由があるに違いない。
と、今までならそんなことを思わせるような憂い顔も見せてきたかと思いますが、
一ミリもそんな顔は見せません。
あくまでも人物設定はせずに、まんま演じてくれ、と言われたそうな。。。
他の登場人物もそうです。
物語の中での行動のみが情報としてそこにある。
『観る側が想像して判断してください』との監督の意図に納得です。

観る前はじっとりと湿度の高い映画と想像していましたが、
今の気持ちはフラットで乾いた映画。
そんな感じです。

二日経過しての感想です(笑)
また変わるかも

『その夜の侍』
11月17日公開です。




今回ぴあとのお約束が必ずブログなどで感想を書く、ということでしたので、
久々にこちらへ参りました 





スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【その夜の侍】

17日、赤堀監督のティーチイン付き試写会に参加いたしました。赤堀さんといえば、シーサイドモーテルの

まとめ【その夜の侍】

17日、赤堀監督のティーチイン付き試写会に参加いたしました。赤堀さんといえば、シーサイドモーテルの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。